忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/10/16

チケット完成しました!

■■■
どうも
相変わらず制作のナルミです。

公演「盲人書簡」用のチケットが完成いたしました!

今回はちょっと特殊な用紙を使い印刷をしてみました。
表面がつるつるしていて、なんだかとてもいい紙な気がします。(実際いい紙なんですが)

一応結構な枚数を用意しましたが、正直、どれだけの需要があるかわかっていません。
・・・なので意外と早く売り切れてしまうかもしれません。

つまり?
そう!
予約はお早めに!


チケットの購入方法をお知らせいたします。

方法は2つ
①ヒューメの関係者からチケットを買う
②お電話またはメールでお申し込みをしていただく

①の場合
チケットがすぐに手に入ります。
いち早くこのチケットを見てみたいという方にお勧めです。

②の場合
ヒューメに知り合いがいなくとも、
群馬県外の方でも簡単にチケットを予約することができます。
この方法ですと取り置きという形になってしまうため、
チケットを手が手に入るまで時間がかかってしまいますが、
なくしてしまう危険性がありません!

この場合の連絡先は
090-4026-1584(鳴海)
又は
vor_so_kratika_socratica148@yahoo.co.jp
にお電話またはメールをしていただければ、私、鳴海が対応させていただきます。

メールの場合
題名に「チケット購入希望」と入れていただければすぐに対応ができると思います。



長々と説明してきましたが、ここで何が一番言いたいかというと

みんな!
チケット買ってね!!


でした。

皆様に見ていただく価値のある芝居になるように部員一同頑張っております。
この盲人書簡を沢山の方に見ていただくために色々な宣伝を始めております。
是非テアトル・ヒューメの芝居を見たある方・ない方問わず、たくさんのお客様のご来場お待ちしております。


制作担当 鳴海琢元




PR

2011/12/04 モブログ Trackback(0) Comment(0)

詳細情報公開!!!



またまたナルミでございます。
皆様ついに待ちに待った?詳細な情報を発表したいと思います。

さっそく今回の公演の詳細な情報を公開したいと思います!







_________________________________________________________________________________________________________________

群馬大学 演劇部 テアトル・ヒューメ 第113回公演
・演目:盲人書簡(寺山修司原作)
・場所:前橋市生涯学習センター 多目的ホール
・日時:2012年1月14日?19:00~
          15日?13:00~
・チケット:高校生以下   800円
      一般(前売り) 1000円
      一般(当日)  1200円

・キャスト
 高橋涼
       星野いづみ
 菊池亮 
       郡司厚太
 田沼康代
       河瀬光久
 延吉美音
       鹿子島あすか
 玉谷遥
       櫻井祐也
 森圭宏
       川田光宏
 細田晃
       小畑亮平
 林佑美
       吉田ゆりか

・スタッフ
 ・演出     石田忠         ・照明   南出涼輔
 ・音響     小川香織       ・大道具  前野智治・西山知沙・小畑亮平
 ・小道具   郡司厚太       ・衣装   東﨑真凜・星野いづみ
 ・宣伝美術  延吉美音・林佑美  ・制作   鳴海琢元

=あらすじ=
ランプの灯りで ぼんやりと浮かび上がる 上海租界日本人町。

幾多の事件を 華麗に解決していた 明智小五郎と少年探偵団も今は昔。
怪人二十面相は捕まらず 探偵団は解散してしまった。

「明智先生、目が見えないのに、涙が出るのです」

小林少年は盲目になり、『マサ子ちゃん』を求めて彷徨う。

よく見るためにもっと闇を! 一筋の光もない暗黒に 放り投げだされた小林は、
そして観客は、 いったい何を見るのか?

______________________________________________________________________________________________________________________







…ということで、個人情報の羅列でしたが、今回の宣伝を終わらせていただきます。
詳細やチケットのご予約は制作鳴海まで。

vor_so_kratika_socratica148☆yahoo.co.jp ←☆を@に変えてください。






それともう一つ
明日から2日間 群大 荒牧キャンパスでの荒牧祭が開催いたします。
その中にて、今回のフライヤーを配布したいと思ってます。
興味を持っていただいた方は是非群大荒牧キャンパスにお越しください。
いくつかの出店にて配布と部員によるゲリラ的な配布がございます。

白黒のフライヤーでの配布となってしまいますが、ご了承ください。

以上!



最近営業マンになった気分です(笑)

2011/11/12 モブログ Trackback(0) Comment(0)

うまく写真が貼れていなかったので


毎度ナルミです。



前回の書き込みにてフライヤーの写真を載せたつもりだったのですが、サムネイルがおおきすぎたようでうまく乗せられませんでした。それなのでもう一度挑戦してみます。
これでうまく写真が載ってなかったらあきらめよう。





2011/11/07 モブログ Trackback(0) Comment(0)

フライヤー到着しました!


どうもこんばんわ
先ほど麻雀でコテンパにやられた制作のナルミです。


昨日の10時頃には届いていたのですが、報告が遅くなってしまいました。
株式会社グラフィック様、くろ○こヤマト様ありがとうございました。
意外といい仕上がりでびっくりしております。
これを部室まで運ぶのはかなりの重労働になりました。(;´∀`)

想定20㌔くらいはあったのではないでしょうか。
自宅から学校まで運ぶのは車でよかったのですが、学校の駐車場から部室まではかなりきつかったです。複数人で運んだほうがよかったと後悔しました。




それと、昨日は群馬大学の医学部の学園祭のステージの準備に駆り出されておりました。
今日も数名の部員が医学祭でお手伝いしております。


実は今日、明日の医学祭の中で盲人書簡のフライヤーがどこよりも先行して配られています!
もっとも、元のフライヤーをコピーした白黒の紙ですが。。。
よろしかったら医学部の文化祭にいったついでにフライヤーを探してみてくださいね。



これから本格的に制作の仕事が始まります。
色々なところでこのフライヤーが見れるようにしますので!
頑張っていきたいと思います。






2011/11/05 モブログ Trackback(0) Comment(0)

県立自然史博物館行ってきました。

歩き回ったあとの竜田揚げ弁当はうまい。どうも、お初です。カラアゲです。

本日11月3日は文化の日、っつーわけでそれらしく群馬県立自然史博物館まで行ってきました。

……いや、まあぶっちゃけ動機はとある授業のレポートを作成するためなんですけどね。ええ、単位のためです。大学生は単位を餌にされると行動力が増すんですねぇ。

さてさて、前橋駅9時2分発の電車に乗るため、昨日目覚まし時計×3を7時にセット!そして今朝、自分は見事にアラーム×3をスルーし、結局日光君のモーニングコールが来るまで爆睡しておりました!

翌日朝早くに用事がある場合、前日は早く寝なきゃいけなかったんですね。深夜3時まで人間性捧げてる場合じゃなかったんですね!

ともあれ、なんとか予定の時刻には間に合い、前橋駅から高崎駅までJR、高崎駅にて上信電鉄へとお乗り換え。上州富岡駅に着いたら無料貸し出し自転車に跨がり、えっちらおっちらと県立自然史博物館へと一路向かった次第であります。

ところで今日上信電鉄を初めて使用したんですけども、車両が目立つこと目立つこと。行きは外装内装が銀河鉄道999仕様の車両に乗りまして、日光君が若干興奮しておりました。帰りは絵手紙列車という車両に乗りまして、内部に絵手紙がベタベタと貼り尽くされておりました。他にも蒟蒻畑仕様の車両とすれ違ったりし、何かと目を奪われる路線でしたね。

話を戻して県立自然史博物館。前述の通り駅からは自転車で移動したのですが、博物館の立地はちょっとした山の中。道中の坂がどうにもキツく、漕いで登るのを途中で断念。自転車を引いて歩いて博物館へと到着した頃には、汗だくで息を切らし足腰を痛みでガクガクとさせる男がおりました。

そんなこんなで駐輪場を探したりして、やっとこさ館内へ。普段は大学生300円のところ、特別展示期間において100円増しの400円になっていた入場料に文句を言う心の狭さを周囲に見せつけつつ入場。

初っぱなに目に入ったのは、今回の目的とも言える隕石の数々。一同は人目も気にせずパシャパシャとシャッター音を切り、ちびっこ達の不審な眼差しを浴びつつ展示説明文へのピント合わせに躍起となりました。

あらかた撮り終えるとそこからは普通に館内を回ることに。ガラス張りの床の上ではしゃいだり、クイズランキングにヒューメの名を残したり、恐竜の化石に釘付けになったり、群馬の自然を知ったり、川蝉を撮ったり、ミズビー主演の10分に及ぶアドベンチャー大作を鑑賞したり、動物の剥製を眺めたり、恐竜の足跡の上でふんぞり返ったり、ガリレオの見た土星がボヤッボヤだったのを体験したり、光る鉱物を見たり、茶髪のマスクマンが絶滅危惧種であることを知ったり、地球と友達になったり、シオマネキの歌を歌ったり、太郎の甲羅のハートマークを見つけたと嘘ついたりしました。

とまぁ大分歩き回りまして、疲れた体を引きずり、電車内でウトウトしつつ帰りましたとさ。

ええ、楽しかったです。やはり紙媒体を通じて眺めるものとは違い、どの展示物もとても魅力的に映りました。大学生の身ともなると、姿形だけでなく、その展示の歴史背景なんかも目を通したりしちゃいます。小学生の頃ならば「うっは、恐竜かっけぇ!」「ツマンネ、飽きた!」で終わってたでしょうね。これを機にいろんな博物館を見て回りてぇと思ったぐらい、有意義に感じました。

それと、当初は1人で行くのもありかなと思ってましたが、やっぱり複数で行くほうが良いですね。同じものを共有しつつ、違った観点を知ることができて面白いです。

それでは、付き合ってくれた友人達とここまで読んでくださった方にお礼をしつつ、また次の機会まで、

さようなら!



2011/11/03 モブログ Trackback(0) Comment(0)

カレンダー
 
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
携帯でも!
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新CM
 
[05/15 ぐんま演劇人会議]
[09/02 あおい]
[01/26 CafeKuma]
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
RSS
 
 
 
カウンター
 
 
 
BLOG byNINJATOOLS
 
 
 
忍者ポイント広告